疲れていたり、ストレスが溜まっていたりすると、つい口をついて出るのは不平不満…という人は多いでしょう。ですがこれは、早く老けてしまうもとなのです。
なぜなら、あなたの話す言葉には、言霊が宿っているから。人間だけが操ることのできる言葉の力というのは強力で、あなたを幸せにも不幸にもしてしまうのです。
あなたの周りにいる、若々しい人をよく見てみると、「嫌、ダメ、疲れた」などのネガティブな言葉を使わないことに気付くはずです。これらの言葉は、周囲の人に気持ちよくないだけでなく、自分を一番老けさせる言霊が宿っているのです。
ですから、今日からあなたも話す言葉を少しだけ変えてみましょう。いつもの愚痴でなく、幸せ言葉を積極的に使うように心がけてみるのです。例えば、「掃除なんて面倒、やりたくない」と言いそうになったとき、「掃除したらぴかぴかのお家になるな、嬉しいな」と言い換えてみるだけで、自分の気分が驚くほど前向きになるのが実感できるはずです。
幸せ言葉を使おうとすると、思考までポジティブになってきます。すると、そのほんの少しの努力だけで、表情、雰囲気が変わり、気持ちから明るくなれるので、自然にポジティブな魅力が出てきます。
ぜひ、今日からスタートしてみてくださいね。